やはり日頃から

人に物を渡す場合、常識的には、綺麗にしてから渡すものでしょう。
たとえば、本を貸すと言っても、汚いままにせず、書棚の奥にあり、ほこりがかぶったものでも、ほこりを取り除いてから、渡すことが、一般的なように思います。

これは、車買取においても、同じようなことが言えるようです。
つまり、買取依頼をする車は、日頃から手入れをしておくことが、重要だということです。
たとえば、外装にキズなどがあれば、それを修繕しておくことが大事なようです。
もちろん、凹みがあっても、同様です。
あるいは、内装であっても、灰皿をきれいにしたり、さらには、シーツに汚れがあれば、それを洗っておく、あるいは、交換などが重要になります。
結局、査定士であっても、人であり、車の第一印象を大切するようです。
したがった、手入れは日頃から重要なことのようです。

そうは言っても、時間のない人も多々いるため、だれもこまめな清掃などを行えるとは、限りません。
そのため、車買取をしようと思えば、なるべく早くに手入れなどをしておくべきでしょう。
外装のキズなどであれば、ある程度の期間が必要かもしれません。
それも踏まえた車買取の計画が重要になります。
仮にキズなどがなければ、洗車を自分で行うことも、また、サービスを利用することも、可能です。
要するには、査定の前に、出来る限り、車全体をきれいしに、そうして、査定士に見てもらう等にすることが、高額査定ばかりでなく、言ってしまえば、礼儀の一種になるのかもしれません。