整備記録が大事

車を所有していれば、法律的に求められることがいくつかあります。
たとえば、自賠責保険は、強制加入となっています。
対人賠償のみに保険となっていますが、車という乗り物の危険性を鑑みたことでしょう。
あるいは、税金においても、自動車税などがあり、法律上の義務となっています。

車検もまた、車所有に関する義務となっています。
年単位で受けることになり、自分で公的機関で車検を行う人もいれば、認可された工場を持っている業者に依頼する人もいます。
自動車重量税とも関係し、車検代も非常に大きな費用となります。
しかし、車買取においても、車検は非常に重要なようです。
必要書類に、車検証があることはもちろん、車検を行えば、整備記憶が書面として渡されます。
それを車買取の時に提出することが、重要なようです。
先に、車は危険性を潜んでいるため、点検が重要であるとお話しました。
整備記録は、点検を記したものであり、ある意味、証明とも言えるでしょう。
したがって、車買取においても、それがあるのとないのでは、査定に大きく影響するようです。

なお、整備記録には、車検のみでなく、メーカーや販売店が行う定期点検ついても、記録されるようです。
機械であるため、状況を把握することが大事なようです。
こういうことから、車検証が車買取の必須書類の一つのため、車検証とともに、整備記録も、きちんと保管しておくことが、重要です。
ちなみに、必須書類には、自賠責保険証もあるため、車検証とともに、保管しておくことも大切です。