買取の概要

買取と聞いて、皆さんは、どういうことを思い浮かべるでしょうか?
やはり、お金になることと言うのが、当然のことでしょう。
もちろん、それは全く間違いではなく、車買取においても、同じようです。

けれども、買取を詳細に見れば、所有権の売却とも言えます。
車買取で見れば、当該車の所有者が自由意思で、業者に査定をしてもらい、そうして、業者の提示する査定額に納得し、車の所有権を業者に譲り渡すことです。
こういうことが可能なのも、民法上で物に対する所有権が絶対的なものであり、所有者の意思に基づいて、処分などが可能となっているからです。
これは、車のような動産であろうと、住宅のような不動産であろうと、同様なようです。
また、車買取においては、業者となるには、古物営業法の規定に則る必要があります。
これは、古書店などと同様であり、店舗の所在地を管轄する警察署に届けをし、許可を得ることで、古物商として、営業することになります。
中古品とは、法律上では、古物と呼ばれるようです。

なお、車買取の場合、中古車査定士による査定を行う必要があります。
中古車査定士とは、査定のための知識などを持った人を意味し、資格を取得する必要があります。
中古車査定制度に基づいて創設されたもので、車買取業者は、必ず中古車査定士を一人は、雇用するようになっています。
中古車査定士になるには、都道府県単位で行われる資格試験に合格する必要があり、年に数回実施されています。